MAGELLANとは?
資料一覧
2023年9月5日

マーケティングに役立つ計量経済学|重要性、主な分析手法、活用事例と課題

マーケティングの領域では、データの種類と量が増え続ける中、効果的な戦略の策定や意思決定を行うために、データ分析がますます重要になっています。金融、農業、医療などの様々な分野で利用されている計量経済学は、マーケティングのデータ分析においても有用な学問です。

本記事では、マーケティングにおける計量経済学の活用方法について解説します。

計量経済学とは

エコノメトリックスとも呼ばれることがあり、計量経済学は、数学的なモデルや統計的な手法を用いて経済現象を分析する学問です。経済学の理論と実証データを組み合わせることで、経済現象の原因や影響を解明することができます。そして、計量経済学はマーケティング分野においても広く活用されています。

マーケティングにおける計量経済学の重要性

現代マーケティングの初期、20世紀前半では、マーケティング担当者が集められるデータはアンケート調査等に限られており、計量経済学は広く使われているアプローチではありませんでした。しかし、コンピューター技術の台頭に伴い、マーケティング担当者は、より多くのデータを手に入れることができるようになり、計量経済学モデルを用いた分析が可能となりました。

マーケティングは競争の激しい世界であり、効果的な戦略の策定や意思決定が求められます。計量経済学はデータに基づく分析を行うため、マーケティングの効果や影響を客観的に評価することが可能です。これにより、リソースの最適化や効果的な広告戦略の立案など、マーケティング活動の質を向上させることができます。

計量経済学(エコノメトリックス)の主な手法

計量経済学にはさまざまな手法が存在します。マーケティングにおいて活用される代表的なものとしては、重回帰分析、パネルデータ分析、時間数列分析などがあります。これらの手法を適切に活用することで、マーケティングデータから有益な情報を引き出すことができます。

1. 重回帰分析

回帰分析は、マーケティングにおいて最もよく使われる手法の一つです。これは、データ間の関係性を説明する数式を求める方法です。例えば、広告費と売上の関係を分析する際に回帰分析が用いられます。この手法により、広告費の増減が売上にどのような影響を与えるかを評価することができます。

重回帰分析とは、この回帰分析における説明変数が複数となったときに、複数の説明変数と目的変数の関係性を説明する数式を求める方法です。例えば、テレビCMやWeb広告、販促活動などの複数の説明変数が、売上という目的変数にどのような影響を与えるかを評価することができます。

重回帰分析の基本、概念や分析の手順について知りたい方はこちらの記事を読んでください。
図で学ぶとわかりやすいんです!|マーケティングと重回帰分析 – その1

Excelでできる重回帰分析ガイド

関連資料の無料ダウンロード

マーケターに力を与える、Excelでできる重回帰分析ガイド
~マーケティング施策と事業成果の相関が理解できる~

2. 時系列分析

時系列分析は、時間の経過とともに変化するデータを扱う手法です。マーケティングにおいては、売上の季節変動や需要のトレンドを把握するために用いられます。時系列分析により、過去のデータから将来の予測(シミュレーション)を行うことができます。これにより、売上予測や在庫管理、生産計画の最適化に役立てることができます。

3. パネルデータ分析

パネルデータ分析は、異なる個体や地域における複数の時点でのデータを分析する手法です。マーケティングにおいては、異なる地域や顧客グループの行動を比較する際に用いられます。例えば、異なる地域の市場シェアの違いを分析し、地域ごとのマーケティング戦略を立案することができます。

4. メディアミックスモデル

メディアミックスモデルは、広告予算を複数の広告媒体にどのように配分するかを評価する統計分析手法です。マーケティングにおいては、複数の広告媒体を効果的に組み合わせることが重要です。メディアミックスモデルにより、各広告媒体の貢献度を評価し、広告効果を最大化する広告予算の配分を決定することができます。

事例資料の無料ダウンロード

全マーケターが知るべき「MMM」とは?
~3社の事例に見る活用効果~

計量経済学の活用事例

計量経済学は、マーケティングのさまざまな領域で活用されています。例えば、広告効果の評価やマーケットセグメンテーションの分析、価格設定の最適化などに計量経済学の手法が利用されています。また、競合分析や市場予測においても計量経済学は有用な学問です。

1. セグメンテーション

計量経済学は、マーケティングにおいて顧客を適切なセグメントに分類するのに役立ちます。過去の購買データや行動データを分析することで、顧客のニーズや行動パターンに応じた市場の細分化が可能となり、効果的なマーケティング戦略を立案することができます。例えば、特定の商品やサービスに関心を持つ顧客を特定し、ターゲット広告を展開することができます。

2. プロモーション効果とROIの評価

計量経済学は、マーケティングキャンペーンの効果を評価するためにも利用されます。広告やプロモーション活動のデータ、これらにかかった費用と収益の関係性を分析します。その効果を統計的に評価し、ROIを算出することで、有効なキャンペーンを見極めることができます。これにより、無駄な広告費の削減や投資対効果の高いチャネルの選定が可能となります。

3. 需要予測

計量経済学は、商品の需要予測にも応用されます。過去の販売データを元に需要予測モデルを作成し、将来の需要を予測することができます。これにより、需要の増減に適切に対応し、在庫管理や生産計画を最適化することができます。

需要予測に関する主な手法やポイントについては、詳細な記事もございますので深掘りしたい場合はご覧ください。

マーケティングに欠かせない「需要予測」の重要性とその手法を解説

4. 価格最適化

計量経済学は、価格設定に関する重要なツールとして活用されます。需要曲線を分析することで、価格と需要の関係を把握し、適切な価格帯を見つけることができます。また、価格変動が収益に与える影響を予測することで、利益を最大化する価格戦略を策定することができます。

マーケティングにおける計量経済学活用の課題

計量経済学を活用することは、データに基づく客観的な分析が可能となり、意思決定の根拠となる信頼性の高い情報を取得することができるというメリットがあります。一方で、マーケティング活動に計量経済学の適用には課題もいくつかあります。

1. データの取得と整理に手間がかかる

計量経済学を活用するには、多くのデータを収集し、整理する必要があります。データの収集には時間とリソースがかかる場合があり、また、データの整理には専門的なナレッジやスキルが必要です。そのため、データの取得と整備においては注意が必要です。

データ収集のポイントについては、さらに詳細な記事をぜひご覧ください。

データ収集のベストプラクティス:クライアントとの伴走で得た知見をご紹介

2. 複雑な数学的手法の理解が必要

計量経済学は、数学的な手法を用いてデータを分析する学問であるため、モデリングなど高度で専門的な知識やスキルが必要となります。統計学や数学に詳しくないマーケティング担当者にとっては、手法の理解や適用が難しい場合があります。適切なトレーニングや専門家のサポートが必要となることがあります。

3. データへの過度な依存

計量経済学を活用することは重要ですが、過度に依存することは逆効果となる場合もあります。データだけに頼りすぎて、クリエイティビティや直感を軽視してしまうと、マーケティング施策が単調になり、競争力を失う可能性があります。計量経済学を柔軟に活用し、データと感覚を組み合わせることが重要です。

まとめ

計量経済学(エコノメトリックス)は、データの種類と量が増え続ける中、データドリブンな意思決定を行う上で、今後ますます重要になっていくでしょう。

重回帰分析や時系列分析、パネルデータ分析、メディアミックスモデルなど、さまざまな手法を組み合わせることで、顧客のセグメンテーションや価格最適化、プロモーション効果の評価や需要予測など、様々な側面で利用されています。

計量経済学を活用することで、データを元にした客観的な分析に基づいてマーケティング戦略を立案し、競争の激しい市場での優位性を築くことができます。一方で、データの取得や整備の手間、数学的な理解の必要性、過度の依存による問題などのデメリットも存在します。マーケティング担当者や企業は、計量経済学を有効活用し、事業成果を促進するデータドリブンな意思決定を行えるよう、適切な人材・専門的なサポートやテクノロジーに投資することが重要です。

サイカは、マーケティングにおけるデータサイエンス領域で10年以上、コンサルティングおよびサービス提供を行っています。自社開発のMMM(マーケティング・ミックス・モデリング)といった高度なマーケティング効果分析ソリューションの提供を始め、国内エンタープライズ企業250社以上のコンサルティング支援実績があります。

我々は、計量経済学を含む統計学やデータサイエンスの手法を駆使し、クライアントのビジネスの成長をサポートしています。 データに基づく客観的な分析を通じて、より効果的なマーケティング活動を実現し、競争激しい市場での成功を支援しています。

この記事を参考に、計量経済学のマーケティングへの活用に興味を持たれて、自社にもっと取り入れたい方は、ぜひお問い合わせください。

  1. TOP
  2. コラム
  3. マーケティングに役立つ計量経済学|重要性、主な分析手法、活用事例と課題