MAGELLANとは?
資料一覧
2023年8月16日

マーケティング分析のインハウス化|メリットとデメリットを解説

マーケティング分析は、現代のビジネスにおいて不可欠な要素となりました。データドリブンな意思決定がますます重要視される中で、企業はより効果的なマーケティング戦略を立案するために、マーケティングにおけるデータ分析をする必要があります。

マーケティング分析を外注することもできますが、多くの企業がインハウス化を検討されているかと思います。本記事では、マーケティング分析のインハウス化について、そのメリットとデメリットを詳しく説明します。

マーケティング分析のインハウス化とは

マーケティング分析のインハウス化(内製化)とは、企業が自社内部でデータ分析のスキルを構築し、実施することを指します。つまり、データ分析のプロセスや業務を企業内の担当者や専門チームが担当し、外部の専門家や第三者機関に依存することなく、行うことを意味します。

インハウスのマーケティング分析を実現するには、専門的な人材の採用や研修、データ分析に必要なツールやシステムの導入などが必要です。

マーケティング分析におけるインハウス化のメリット

独自のビジネスニーズに合わせられる

インハウス化によって、企業は自社固有のビジネスニーズや戦略に合わせたカスタム分析を実施することができます。

外部の専門家やコンサルタントに依頼する場合、彼らは最先端の分析手法やベストプラクティスに基づいて分析を行いますが、企業固有のニーズや戦略を完全に把握することや、それを分析に落とし込むことが難しい場合があります。

インハウス化によって、企業は自社のデータとビジネスに関する深い知識を組み合わせ、より適切な分析を行うことができます。

・ほぼリアルタイムでのデータ分析が可能

インハウス化によって、企業はデータ分析のプロセスを自社内で管理し、理論的にはほぼリアルタイムでデータを収集・分析することが可能となります。

外部の専門家やコンサルタントに依頼する場合、分析のためのデータ提供やレポート作成に時間がかかる場合があります。一方、インハウス化した場合はそれらの時間を短縮でき、よりスピーディな分析が可能となります。さらに、データが常に最新の状態で利用できるため、早期の問題発見や迅速な意思決定やアクションを実施することができます。

・コスト削減と業務効率の向上

コスト削減

インハウス化によって、企業は外部の専門家に支払うコンサルティング料や作業のコストを削減することができます。これによって、データ分析に関連するコストを削減することが可能です。

業務効率の向上

インハウス化によって、データ分析のプロセスを企業内で管理・実施することで、分析業務における効率の向上が期待できます。外部の専門家やコンサルタントに依頼する場合、コミュニケーションコストやデータの提供の工数がかかり、さらに進行において多少のタイムラグが発生してしまいます。インハウス化することによりこれらの課題を解決することができます。

マーケティング分析におけるインハウス化のデメリット

・専門的な知識を持つ人材の確保

データ分析のスキルを有した人材の確保は、インハウス化における重要な課題です。データ分析には統計学や数学の知識、プログラミングスキル、データ解釈やモデリングに関するスキルなど、幅広いスキルセットが必要です。また、分析結果の正しい解釈やそれをアクションに落とし込むためには、ビジネスやマーケティングの知識、さらに業界特性の理解も重要です。これらのスキルを有した人材はなかなか採用が難しく、多くの企業が苦労しています。さらに、最適な人材を採用するためには、厳密な選考プロセスと適切な人材評価基準が必要であり、これらの制度設計にかかる時間や工数も、インハウス化における課題となります。

・バイアスのリスク

インハウス化したデータ分析は、企業内部の担当者や意思決定者のバイアスの影響を受ける可能性があります。事業に詳しい立場であればあるほど、主観や先入観を排除することは難しく、分析結果やその解釈に偏りが生じる可能性があります。特定の情報に偏ったり、分析に組み込むべき要素を無視したりすることで、的確な判断や戦略立案ができなくなる場合があります。インハウス化の過程で、バイアスをできるだけ排除するためのガイドラインやフレームワークを導入することが重要です。

バイアスについてこちらの詳細記事も是非ご覧ください。

バイアスとは|意味と種類【データ分析時の注意点まで解説】

・分析に対する信頼性確保の必要性

インハウス化したマーケティング分析は、組織内の関係者やステークホルダーからの、分析に対する信頼を確保する必要があります。時には、外部専門家や第三者機関による分析結果と比較したデータ分析の妥当性を示すことを要求されるかもしれません。また、組織内の関係者が分析結果に対して疑念を持つことがあるかもしれません。そのような場合に備えて、分析においてはなるべく透明性を確保し、データの収集から分析手法の選定と分析実行までのプロセスを、関係者に対して明確に説明することが重要です。

マーケティング分析のインハウス化に取り組む際には、組織内における信頼確保に対して十分に注意を払うことが重要です。データ分析プロセスの透明性を確保することで、より信頼性の高い分析結果を得ることができます。信頼性の高いデータ分析結果を提供できれば、組織内の意思決定や戦略に対する信頼を高めることができ、アクションへ落とし込みやすくなります。

・継続的なR&D(研究開発)の必要性

マーケティング分析の分野は日々進化しており、新しい技術や手法が続々と登場しています。インハウス化したデータ分析チームは、常に最新の知識やスキルにアップデートする必要があります。しかし、継続的なR&D活動はリソースや時間を要し、チームにおける日常の分析やレポーティング業務に対する負荷となる場合があります。

継続的な学習と研修プログラムの導入や、外部の専門家との連携を通じて、R&Dの活動をサポートする必要があります。

・ベンチマークの欠如

マーケティング分析をインハウス化した場合、外部専門家のコンサルティングと比べてベンチマークが活用できないこともデメリットの一つです。

外部のマーケティングコンサルティング会社やデータ分析専門家に依頼する場合、彼らは多くの企業や業界のデータをベンチマークに活用できます。これにより、類似企業や業界のデータと比較しながら、分析方法やマーケティング戦略について適切なアドバイスを提供することが可能です。

まとめ

以上がマーケティング分析におけるインハウス化化のメリットとデメリットの概要です。マーケティング分析のインハウス化は、企業に多くのメリットをもたらす一方で、一定のデメリットも伴います。

独自のビジネスニーズに合わせたカスタム分析やほぼリアルタイムのデータ分析、コスト削減と業務効率の向上が可能となる一方で、人材の確保、バイアスの排除と組織内の信頼確保、継続的なR&Dの必要性などに対処する必要があります。

これらのデメリットの解消が難しい場合は、外部マーケティング分析専門会社を活用する方が有効な可能性があります。外部の専門家を活用することで、専門的な知識や経験の不足を補えるだけでなく、類似企業や業界のベンチマークデータの活用など、インハウス化単独では難しい点を補完することができます。組織のニーズやリソース、戦略に合わせてインハウス化と外部専門家、あるいはそれらの組み合わせを検討し、最適なアプローチを選択することが重要です。

弊社サイカは、マーケティングにおけるデータサイエンス領域で10年以上、コンサルティングおよび自社開発のテクノロジーを活用したサービスの展開経験を持ち、大手企業を中心に250社以上の支援実績があります。あらゆる業界における豊富で深い専門知識をもつデータサイエンティストとマーケティングコンサルタントが、クライアント企業のニーズと目的に応じて、最適な分析手法でのデータ活用をサポートします。

外部マーケティング分析専門会社の活用を検討される場合は、是非サイカのマーケティングソリューションをご覧ください。また、ご相談はお問い合わせにてご連絡ください

  1. TOP
  2. コラム
  3. マーケティング分析のインハウス化|メリットとデメリットを解説