MAGELLANとは?
資料一覧
2023年9月8日

リソース・予算を最適に配分する方法|データドリブン・マーケティング

デジタル化された現代のビジネス環境は、データに溢れ、市場へのアプローチは複雑化しています。マーケティング部門は成果を最大化するために、リソースと予算を最適に配分する必要がありますが、関わってくる変数を考えだすと、これは簡単なことではないでしょう。そこで、データドリブン・マーケティングの重要性が増しています。

本記事では、データドリブン・マーケティングがリソースや予算配分の最適化にどのように役立つかを解説します。特に、KSF(重要成功要因)分析とマーケティング・ミックス・モデリングに焦点を当てます。

KSF(重要成功要因)分析によるリソース・予算配分の最適化

KSF(Key Success Factor = 重要成功要因)分析は、 事業を成功させるために必要な要因を分析し、特定することです。KSFの特定は、事業戦略はもちろんマーケティング戦略の立案や活動において重要となるものです。マーケティングにおいては、成功したキャンペーンやプロモーションの成功要因を明らかにすることで、今後の改善や他のプロジェクトに応用できる重要成功要因およびベストプラクティスを見つけ出します。これにより、集中すべきところにリソースや予算を集中させるなど、リソース・予算配分の最適化が可能となります。

メリット①:成功事例の分解と理解

KSF分析では、過去の成功事例を詳細に分析します。例えばマーケティング活動において、成功したキャンペーンやプロモーションの要因を明らかにすることで、他のプロジェクトに応用できるベストプラクティスを見つけ出します。

また、成功要因を把握することにより、リソースを重要な要素に集中させることができます。これにより、無駄なコストを削減し、成果を最大化する戦略的なリソース配分が可能となります。

・KSF分析の活用例:

先月行った特定のマーケティングキャンペーンが大成功しました。なぜ成功したのか仮説はありますが、証明ができないので、確信がありません。KSF分析により、成功要因として考えられる、ターゲット層への的確なアプローチ、提供価格、ターゲット層の意識指標への変化などの要因を分解し、それぞれの要因が成果に与えた影響を分析することで、どの要因が最も重要な要因となるのかを明らかにすることができます。

メリット②:変化への適応

マーケティング環境は常に変化し、予測が困難なことが多くあります。また、成功した戦略が将来も同様に成功するとは限りません。KSF自体も不変なものではなく、環境の変化とともに変化します。KSFを定期的に分析することにより、市場の変化に適応した成功要因を把握することができます。その結果、環境変化に対応する柔軟性を持ったリソースや予算の配分が可能になり、変化する環境下においても競争力を維持することができます。

・KSF分析の活用例:

とある市場で競合他社と競っています。マーケティング環境は常に変化しており、市場のトレンド、競合他社のプロモーションや新製品の登場など、さまざまな要因が影響を与えています。KSF分析により市場の変化に対応し、成果を最大化するための要因を把握することで、柔軟な戦略立案が可能となります。

マーケティング・ミックス・モデリングによるリソース・予算配分の最適化

マーケティング・ミックス・モデリングは、マーケティング活動の成果と予算の関係性を理解する上で非常に有用です。この手法では、異なるマーケティングチャネルや戦術が売上や利益に与える影響を統計的に分析し、最適なリソースや予算の配分を見つけることが可能です。

事例資料の無料ダウンロード

全マーケターが知るべき「マーケティング・ミックス・モデリング」とは?
~3社の事例に見る活用効果~

メリット①:データドリブンな意思決定

マーケティング・ミックス・モデリングは、データドリブンな意思決定を促進します。データに基づいた分析を行うことで、マーケティング活動のパフォーマンスを客観的に評価できます。データを元にした意思決定により、無駄な予算の消費を減らし、効果的なキャンペーンに予算を集中させることができます。

・マーケティング・ミックス・モデリングの活用例:

新しいマーケティングプランの予算配分の策定において、マーケティング・ミックス・モデリングを活用することで、どのチャネルや施策が売上に最も寄与するかを特定し、予算を効率的に配分することができます。

マーケティング・ミックス・モデリングは、経験や勘に頼ることなく、データに基づいた意思決定を可能にします。具体的な数字やデータに基づいて判断することで、最適な予算配分が可能となります。これにより、無駄な予算の消費を防ぎ、成果を上げるための最適な予算配分を実現できます。

メリット②:ROIと収益性の改善

マーケティング・ミックス・モデリングにより、マーケティング担当者はより良いリターンをもたらす施策に投資することができ、ROIの向上と収益性の改善につながります。

メリット③:チャネルを横断した効果の把握

現代のマーケティングでは、複数のチャネルを組み合わせてキャンペーンを展開することが一般的です。マーケティング・ミックス・モデリングは、各チャネルの相互作用とクロスチャネル効果を理解するのに役立ちます。この分析により、異なるチャネルの組み合わせやシナジー効果を最大化し、より効果的なマーケティング戦略を策定できます。

・マーケティング・ミックス・モデリングの活用例:

SNS広告、コンテンツマーケティング、およびメールマーケティングを組み合わせてキャンペーンを展開しています。マーケティング・ミックス・モデリングにより、各チャネルの相互作用を理解し、シナジーを生む最適な組み合わせを見つけることができます。

メリット④:長期的な視点の確立

マーケティング活動においては、短期的な成果だけでなく、長期的なブランド価値の向上が重要です。マーケティング・ミックス・モデリングは、短期的な成果だけでなく、長期的な成果を見据えたリソースと予算の配分を可能にします。単発的な成果だけでなく、持続可能な成長とブランド価値の向上を追求できるようになり、長期的な競争力を獲得することができます。

・マーケティング・ミックス・モデリングの活用例:

ある企業では、短期よりも、今後数年間の成長に重点を置きたいと考えています。しかし、マーケティング施策がもたらす長期的な効果やブランド価値への寄与が可視化できていません。そこでマーケティング・ミックス・モデリングを活用することで、将来の成長戦略に合わせたリソースと予算の配分を計画できます。

事例資料の無料ダウンロード

ブランド・エクイティを定量的に把握する方法

メリット⑤:予算配分のシミュレーションと成果予測

マーケティング・ミックス・モデリングを用いて、異なる予算配分や戦略のシナリオ(予算額、目標、価格設定、特定の広告チャネルの選定や排除など)をシミュレーションできます。これにより、各シナリオにおける売上やROI(投資対効果)を予測することが可能です。無駄な予算の消費を防ぎ、予算を最適に活用することで、効果的なマーケティング戦略を実行することが可能となります。

・マーケティング・ミックス・モデリングの活用例:

来期のための予算を策定する時、マーケティング予算、広告費(メディア費)や販促費をどのように分配すべきかは難しい課題です。マーケティング・ミックス・モデリングを用いることで、各要素が売上に及ぼす影響を分析し、最適な予算配分を導き出すことができます。

例えば、来期の予算に対して、各マーケティング施策にいくらの予算を配分すれば最大の成果を創出できるかのシミュレーションが可能できます。また、テレビCMを実施するかしないかという複数のシナリオ(プラン)も、成果やROIの変動をシミュレーションできます。さらに、予算ではなく目標を設定し、売上目標を達成するための最小マーケティング予算とその最適な配分も算出できます。

結論

マーケティングにおけるリソースや予算の最適化は、企業の成長と競争力を向上させる重要な要素です。リソースや予算の最適化をデータドリブンに行う第一歩は、ビジネス成果に最も影響を与える活動や施策を客観的に評価し、特定することです。次に、それらの効率性(ROI)を測定することで、今後のマーケティング予算の最適な配分について、より適切な判断を下せるようになります。KSF分析は成功の要因を特定し、有効な施策へのリソースの集中と環境の変化への適応を実現します。 また、マーケティング・ミックス・モデリングは、データドリブンな意思決定とチャネル横断での効果検証を可能にし、長期的な視野での戦略立案をサポートし、予測成果もシミュレーションできます。データドリブン・マーケティングの取り組みにより、効果的なマーケティングの実現に向けた大きな前進が可能となります。

リソースや予算の最適化を含む、データドリブン・マーケティングのメリットにご興味のある方は、ぜひ弊社サイカにご相談ください。

サイカは、マーケティングにおけるデータサイエンス領域で10年以上、コンサルティングおよびサービス提供を行っています。自社開発のMMM(マーケティング・ミックス・モデリング)といった高度なマーケティング効果分析ソリューションの提供を始め、国内エンタープライズ企業250社以上のデータドリブン・マーケティング実現に向けた支援実績があります。

  1. TOP
  2. コラム
  3. リソース・予算を最適に配分する方法|データドリブン・マーケティング