MAGELLANとは?
資料一覧
2023年6月2日

データドリブン・マーケティングの仕組みとメリットをご紹介

マーケティングの予算を始め、企業の資源を最大限に活用するためには、ターゲットとなる顧客を明確に理解しなければなりません。

データドリブン・マーケティングとは、あらゆるデータをマーケティングの意思決定に活用することです。データを収集し、分析することで、顧客の行動、好み、ニーズなどについてのインサイトを把握し、よりターゲットに合った効果的なマーケティング施策の実行に移ることができます。

データドリブン・マーケティングは、急速にマーケティング業界の新しいスタンダードになりつつあり、より多くの企業がデータを活用して意思決定を行っています。では、データドリブン・・マーケティングの主なメリットにはどのようなことがあるのでしょうか。また、なぜ企業経営者やマーケティング担当者はデータドリブン・マーケティングに真剣に取り組むべきなのでしょうか?

「データドリブン・マーケティング」と「従来のマーケティング」

従来のマーケティングでは、やってみなければ効果が分からなかったり、実行に至っても効果測定が難しかったりと、試行錯誤も多く、結果的に予算を無駄に遣ってしまう可能性がありました。

データドリブン・マーケティングは、様々な施策の効果測定を徹底し、予算の調整をするための迅速なフィードバックループを可能にするため、従来のマーケティングに伴う予算の無駄遣いを軽減することができます。

また、コミュニケーションチャネルや施策の目的、実施時期などの個別条件に合わせて、どの訴求内容が効果的であるかを確かめることができ、各ブランドにとっての最適解を解明するまでの時間を短縮することもできます。

このようにデータドリブン・マーケティングによるアプローチで、最適なマーケティングミュ二ケーションを実行することで、コンバージョン(購入など)やリピートを促進することに繋がります。

マーケティングにおけるデータの役割

端的にいうと、マーケティングにおけるデータの役割は、何かを測定し、改善することです。

If you can’t measure it, you can’t improve it.
(測定できないものは改善できない)

ピーター・ドラッカーの名言

マーケティングの歴史上では、比較的最近になってインターネットを始め、EコマースやSNSなどが普及し、それに伴い生成される膨大なデータにより、マーケティングの現場は進化してきました。

もちろん、インターネットが普及する以前にも、マーケティングに利用できる様々な情報源がありましたが(例えば、アンケート調査、市場調査、メディア視聴率、店頭での消費者の行動観察など)、今ではより多様かつ詳細な情報が比較的簡単に入手可能になりました。

消費者に関するデータにおいては、かつてないほど容易にアクセスできるようになったため、マーケティング担当者は、デジタルマーケティング活動で収集したデータを活用して、顧客の興味に直接訴えかけるような広告メッセージや、様々なコンテンツを作成することができるようになりました。

データドリブン・マーケティングの仕組み

データドリブン・マーケティングを一言でいうと、マーケティング活動をデータに基づいて行う手法のことです。企業が自社の商品やサービスをより効果的に宣伝したり、顧客との関係を強化したり、マーケティング活動の費用対効果を最大化したりするなど、各目的に影響するあらゆる要因を解明するために、データを収集、分析、そして活用するという取り組みを指します。

データドリブン・マーケティングでは、憶測、勘、感情、経験といったマーケッターの主観的なインプットを、客観的な数字で確認することにより、マーケティング活動の正確性と効率を高めることができます。

そして、より多くのデータの収集と分析が容易になってきたことで、データドリブン・マーケティングの重要性はますます高まっています。まだ自社のマーケティング活動をデータドリブン化できていないのであれば、データを活用しターゲット理解を深めている競合他社に顧客を奪われてしまう可能性すらあります。

データドリブン・マーケティングのメリット

より良いインサイトを得る

ビッグデータの時代になって、ますます多くの企業が、顧客やターゲット市場に関するインサイトを得るために、データドリブン・マーケティングに注目しています。データを活用することによって、消費者の行動、好み、傾向などを把握し、企業はより効果的なマーケティング施策を設計することができるようになります。

顧客インサイトを把握する方法のひとつに、顧客の行動を分析する方法があります。これは、ウェブサイト解析や購入履歴などから確認することができます。顧客がどのように自社と関わっているかを理解することで、顧客のニーズや関心に応じたマーケティング活動を行うことができます。

もう一つは、顧客の嗜好を追跡する方法です。これは、アンケート調査によって確認することができます。顧客の好き嫌いを把握することで、顧客の心に響くマーケティング施策を行うことができます。

最後に、データは市場の動向を把握するためにも利用できます。ソーシャルデータ、マクロ経済指標、競合他社に関する情報などのデータは、新たな機会を特定したり、ターゲット市場におけるニーズをより深く理解し、マーケティング戦略を設計・調整するために利用することができます。市場の動向を常に把握することで、マーケティング活動を適切かつ効果的なものにすることができるのです。

・関連記事:
データからマーケティングに活用できるインサイトの発掘方法

データドリブン・マーケティングにより顧客理解を深める方法

適切なターゲットにより確実にリーチできる

消費者があらゆる方向からマーケティングメッセージ、広告やプロモーションなどに接触する世界では、企業にとって、適切なメッセージを適切な人々に届けることがこれまで以上に重要となっています。

データドリブン・マーケティングでは、ターゲットオーディエンスに関する情報を収集、分析することで、ターゲットが何を求めていて、どのようにアプローチすべきかを、より良く理解できます。

データをマーケティングの意思決定に活用することで、企業はマーケティング費用を最も効果的に使い、自社の製品やサービスに関心を持つ可能性の高い人々に確度高くリーチすることができます。

何が効果的かを確認できる

データドリブン・マーケティングでは、データを使ってマーケティング活動の効果を測定することで、何が有効で何が無効かを確認できます。 また、最新のデータや分析を常に考慮し、迅速な調整や改善策を実行することができます。

マーケティングの効果測定は、パーフォマンス指標の監視、A/Bテストなどの実施、顧客アンケート調査の実施、または数理モデリング(MMMやアトリビューションなど)の構築などといった手法を使って行なうことができます。

データドリブン・マーケティングは、マーケティングの効果を評価するための、より客観的な証拠(データ)に基づくアプローチなので、マーケティング担当者は、マーケティングを最適化するための意思決定をデータで裏付けることができます。

マーケティングの効果測定について詳しくは下記の記事をご覧ください。
マーケティング投資の効果測定、4本柱とは?

より良い意思決定を支援

データドリブ・ンマーケティングは、データに基づいた意思決定を重視する手法で、マーケティングに関するデータを収集・分析するため、より客観的かつ正確な情報を得ることができます。

データに基づく意思決定は、主観的な判断によるものよりも客観的で確実性の高いものになります。データ分析によって、事実に基づく情報を得ることができ、誤った判断を避けることができます。

また、データ分析によって、市場のトレンドや消費者の嗜好などを把握することができるので、将来のマーケティング戦略や製品開発の方向性を予測することができます。

売上を拡大させる

データドリブン・マーケティングは、自社の商品やサービスを購入する可能性が最も高い顧客に対する理解を深め、セグメント化し、リーチするのに役立ちます。

つまり、効果の少ないマーケティング施策にかける時間とコストを削減できる一方、より成果が見込める施策にリソースを割り振ることができるようになります。

データドリブンなアプローチでマーケティングを実行することで、より確実性の高い意思決定が可能になり、売上の拡大を図ることができます。 

最後に:データドリブンはマーケティングの「今」と「未来」

マーケティングは常に進化しています。企業のマーケティングへの取り組み方も変化しており、データの利活用はますます重要になります。

企業は、マーケティングの新しい基準に適応できないと、事業の成果を成長させる機会を失い、競合他社にマーケットシェアを奪われるかもしれません。

データドリブン・マーケティングは、データとテクノロジーを使ってマーケティングと成果の関係性を理解し、成果創出の再現性を高めることで、マーケティングが生み出す価値を向上させることができます。

データドリブン・マーケティングをまだ自社で十分に活用できていない場合は、今が見直すチャンスです。

データドリブン・マーケティングを始めるには?

データドリブン・マーケティングの導入に関心がある方は、下記の記事で詳しくご紹介しています。

また、弊社サイカはマーケティングのデータドリブン化をご支援します。我々は、マーケティングにおけるデータサイエンス領域で10年以上のコンサルティング経験を持ち、独自に開発したテクノロジーとアルゴリズムによるMMMソリューションを、大手企業を中心に250社以上に提供してきました。専門のコンサルタントとデータサイエンティストのチームがクライアント企業のニーズと目的に応じて、データドリブンに勝率と再現性を最大化させるマーケティングの統合評価基盤の構築と運用をサポートします。

サイカのマーケティングソリューションを詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
また、お問い合わせにて相談したい方はこちら

  1. TOP
  2. コラム
  3. データドリブン・マーケティングの仕組みとメリットをご紹介